SEO検索上位表示を目指す!

SEO検索上位表示を目指す!
ホームページの更新を頻繁におこなうことは、SEO(検索エンジン最適化)の上で、もっとも重要なポイントの一つです。
 
「ホームページ公開後、何ヵ月経過しても検索上位に上がってこない」と多くのお客様から相談を受けることがあります。
問題を抱えているサイトを調査してみると、公開後ほとんどサイトの更新を行っていない場合が原因の一つとしてあげられます。
サイトの更新がなぜ重要なのかを考えてみましょう。
検索エンジンの存在価値はユーザーが求めているものを提供する事

現在、世界にあるドメイン・Webサイトは約9億、Webページは数兆にもなると言われています。
人間の頭と手で探し出すのは実質不可能な数字であり、グーグル(Google)やマイクロソフトのビング(Bing)などの検索エンジンの存在なしでは難しくなっています。
ちなみに日本の検索エンジンシェアは、大手Yahoo! JAPANがGoogle社の検索エンジンを採用しているため、双方合わせたGoogleのシェアは90%近くにもなります。

検索エンジンは日々進化しています。
ユーザーが入力するキーワードを元に、求められているであろう情報を膨大なホームページの中からページをクロークしてインデックス化することにより、もっとも適切だと思われるページを素早く順番にならべ検索結果として表示しています。
適切な情報が得られない場合、ユーザーが


ユーザーの「知りたい欲求」を満たすために検索エンジンが必死に取り組んでいること。それはユーザーが「求めているであろう情報」を、膨大なホームページの中から整理整頓して、もっとも適切だと思われるものを素早く提示することです。そのために日々、ページをクロールしてインデックス化、200 を超える独自のシグナルを手がかりに、検索結果を出しているのです。1から順番に並んだ検索結果はGoogle社が「恐らくあなたが最初に見た方が良いホームページはこれですよ」という優先順位リストといえるでしょう。 ユーザーが探しているものは、世の中に新しく登場した事件であったり事故であったり、ビジネスの世界であれば新商品発表などであったりします。「iPhone」の新製品が発売された時にはそれに関するもっとも適切なサイトや最新記事を上位に表示させ、「参議院選挙」がおこなわれた時はそれに関する情報を表示させなければいけないのです。何年も前の古い「iPhone 3G」の情報が上位に来てはユーザーの要求を満たすことができないわけです。 Googleなど検索エンジンの存在価値はユーザーを探しているものをすばやく提供することなのです。反対にいえば、自らの存在価値を脅かす「価値の低いホームページ」や「評判のよくないホームページ」を上位に表示させてしまうのは絶対に阻止しなければならない訳です。
ユーザーにとって有益なサイトは上位に掲載される

このページの先頭へ