SEO基礎講座について
SEO(検索エンジン最適化)を正しく理解し、検索エンジンに好まれるサイトを制作することがサイト運営の基本です。
まずは基本の4つのポイント!!

1.タイトルを適切にする
2.キーワード率を適切にする
3.優良な被リンクを増やす
4.ページ数(インデックス数)を増やす
ホームページタイトルの中にページ上で重要なキーワードを入れましょう。
キーワードの入れすぎや連呼はペナルティーの対象になる事もあります。

タイトルってどこ?
鳥取県でホームページ制作屋さんを探しているユーザーが「鳥取 ホームページ制作」というキーワードで検索します。
ホームページのタイトルってどこ?
この時タイトル(赤枠部分)に「鳥取 ホームページ制作」というキーワードが含まれていると、より検索結果に表示されやすくなります。
 ページの内容を適切に表現しましょう

・ページ上で重要なキーワードを含める
・「ページ」や「株式会社○○」(社名のみ)のようなページ内容を表現していないタイトルにしない
 下層ページにも個別のタイトルをつけましょう

それぞれのページ内容を適切に表現したタイトルをすべての下層ページにつける
簡潔で説明的なタイトルをつけましょう

・単語の羅列にはしない
・積極的に長いタイトルは検索結果にすべて表示されないので注意
キーワード率は主要キーワードを3%程度に。
下層ページのキーワード率も忘れずにチューニングする事。
SEOヒント
検索ロボットは検索の順位をタイトルだけで決めるわけではありません。
本文中に含まれるキーワードの使用頻度もチェックし、タイトルに合ったページかどうかきちんと見極めます。
ユーザーの目で見たホームページ
ロボットの目で見たホームページ
検索順位を決めている検索ロボットは写真を見ることができません。テキストや画像の代替テキストなどの文字情報を確認し、ホームページの内容を把握しています。
検索ロボットにホームページの内容を正しく把握してもらうためには、重要なキーワードを適切な比率で使用することが大切です。
SEOキーワード率
無料キーワード解析ツールを活用しよう!

検索ロボットは使用頻度の高いキーワードを元にホームページの内容を確認し、検索順位に反映しています。

重要なキーワードを3%程度に調整し、使いすぎには注意しましょう。
リンクが多いサイト=人気の高いサイトだと判断されます。

被リンクって?
優良な被リンクを増やす
誰かのホームページやブログから自分のホームページに対してリンクを貼ってもらうことを被リンクと言います。
サイトコンテンツや自社のサービスを充実させ、被リンクをしてもらえるホームページを目指しましょう!
被リンクの落とし穴に注意!
被リンクが多いサイト=人気のあるサイトというGoogleのルールを悪用し、「被リンク売ります!たくさん買って上位表示しませんか?」というSEO業者さんがいます。
もちろんお金で被リンクを購入するような行為は禁止されています。
被リンクの落とし穴に注意
そこで今回 Google は、ウェブスパムをターゲットにした重要な変更を検索アルゴリズムに施しました。これまでも良質なサイトを適切に評価するために様々なアルゴリズムの変更を実施してきましたが、今回の変更では、Google の 品質に関するガイドライン に違反しているサイトについて、その掲載順位を下げるような対策を実施します。このアルゴリズムの変更は、ウェブスパムを削減し、良質なコンテンツを促進するための私たちの新たな試みです。変更の詳細を明かすことは、抜け道をくぐり抜けたサイトが検索結果にあふれ検索ユーザーの利便性を損なう可能性があるためできませんが、ウェブマスターのみなさんにお伝えしたいことは、ユーザーにとって利便性の高い 良質なサイトを作ること(英語)に専念し、ウェブスパムを駆使することなく “ホワイトハット” SEO を心がけてください、ということです。

この変更によって影響を受けるサイトは、あからさまなスパムかりではありませんが、共通して言えるのは、検索結果の掲載順位を人為的に操作するためにホワイトハット SEO を逸した SEO を行っているということです。

このアルゴリズムの変更は、すべての言語で同時に実施されす。この変更により、英語の検索では全体の 3.1%程度に、日常的に検索を利用するユーザーが気づくかもしれない程度変化があります。また、ドイツ語、中国語そしてアラビア語でおよそ 3 %となります。しかし、その割合はウェブスパム率の高い言語ほどより高くなり、たとえば、ポーランドでは 5 % 程度となります。
1ページしかないサイトと1000ページあるサイトを単純に比較した場合、ユーザーにとって有益なサイトはどう考えても1000ページのサイト。Googleはユーザーに有益なサイトを上位表示したいと考える。
ページ数を増やす
皆さんならどうですか?

数あるホームページの中から「ここに決めた!」
と気持ちが動くには、自分に興味のある記事が
多数紹介されている、知りたい内容が親切に書
かれているといったようにコンテンツが充実して
いることが大切なのではないでしょうか?
SEOヒント
ページ数(情報量)を増やし、コンテンツを充実させることはユーザーや検索エンジンに好まれるのはもちろんですが、アクセスアップを図る上で非常に有効なのです。
ユーザーの立場になって考えよう
ユーザーの立場になって考えよう
ユーザーは自分の興味を「キーワード」にして、インターネット検索をします。
もしあなたが家具屋さんなら、ソファ、テーブル、ベッドなどあらゆるキーワードでユーザーのアクセスを獲得したいと考えますよね。
そのためにはソファのページ、テーブルのページ、ベッドのページなどキーワードに対応したページが必要となります。
矢印
ページを増やせば、その分ユーザーが使用するキーワードを広い範囲でカバーでき、ユーザーを誘導するためのランディングページが増えます。結果アクセスを爆発的に増やすことができます。
ランディングページ
株式会社グライナーへのお問い合わせ案内
株式会社グライナーへのお問い合わせはこちらから
このページの先頭へ